呪われた自転車事件その1

ここでは、ナベヒコが少し前まで乗っていた自転車が引き起こした事件を公開しています。

まずはじめに、なぜこの自転車が呪われているのかというと・・・

 

 

 

こいつのせいで大小さまざまな事故にあいました(泣)

今回はその中から凄かった事件を紹介しよーと思います。

おにぎりクラッシャー事件

事件が起きたのは中学二年、夏休みの終わり頃でした・・・

この日は友達数人とカラオケに行き、みんなでしこたま楽しんだ後コンビニによってから帰ったんです。

帰る途中、自転車に乗りながらおにぎりを食ってたら友人Hが

友人H「そのおにぎりうまい?」と言ってきたので

俺「一口食べてみる?」とおにぎりを渡し、走行を再開。走行中、友人Hが

友人H「おにぎりありがと。おいしいなぁ、これ♪」

と言いながらおにぎりを渡してきたので、おにぎりを受け取ったそのとき!!

 

 

 

 

 

がっしゃぁぁぁぁぁん!!!!

 

 

 

 

 

パニクって一瞬何が起こったかわからない俺。すぐさま駆けつけてきた友達。

冷静になって思い出してみる・・・

おにぎりを受け取る

自転車のタイヤが溝にはまる

前方に三輪車発見

避けようとするが溝にはまり操作不可能

三輪車と激突

自転車と壁の間に挟まれ数メートル暴走

現在にいたる。

(この間、時間にして2秒〜3秒)

 

 

 

 

 

・・・なんかえらいことになってる(汗)

しかも、こんなこけ方をしているにもかかわらず、おにぎりはしっかりと持ってる俺。

(正確には握り潰している)

とりあえず見た目たいしたことなさそうなので急いで家に帰ることに。しかし・・・

両肩がハンパなく痛い・・・これはどこか折れてんじゃねーのか?と思いつつ家に到着。

とりあえず両肩が心配なので急いで服を脱いで確認することに。

パサッ・・・(服を脱ぐ音)

 

 

 

 

 

 

 

(;´∀`)・・・うわぁ・・・

 

 

 

 

 

 

 

両肩の皮膚が摩擦熱のせいで消え失せてます(泣)

あまりの衝撃に言葉を失う俺と友人達。

とりあえず友人達には帰ってもらい、すぐさま病院へと向かう俺と母。

幸い、骨折はしていなく怪我の部分にガーゼを貼って帰ってきました。

しかし、あんなこけ方して骨折してないってのは俺って天才かも☆(なんの天才だよ


ダメ歴史TOPへもどる
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー